阪急交通社のバリ旅行は同一価格帯でコーディネート上手、口コミ・評判でも使いやすいと人気

阪急交通社のバリ島旅行は値段相応にうまい具合にコーディネートされているなという商品が多いです。

予算20万円、6日間のプランでもいろいろ

例えば、予算を20万円前後に組んだ場合、6日の日程で主要観光地3点、知名度の高いホテル宿泊、朝、昼、夕方の食事つきプラン、さらに高級ホテルでのアフタヌーンテイーというようにポイントの押さえ方がうまくコーディネートされています。
唯一、ジャワ島からデンパサールへ乗り継ぎが必要な商品もバリ島とジャワのハイアットホテル宿泊でまとめいます。
また、日本からデンパサール空港への直行便の商品は朝食だけがついていたりと、同じ価格帯で特典のバランスが取れていることも魅力です。

日本発午前のゆとり便、直行便で午後の明るいうちに到着というメリット

バリといえば、明け方未明から出国して乗り継ぎをしていると時間ロスで夜に到着するというパターンが多いものです。
阪急交通社の乗り継ぎなし、直通便だと明るいうちにバリへ到着ということも可能です。
真っ暗ななかホテルに当着して周辺環境がわからないホテルで1日目の宿泊を行い翌朝周辺の景色を見る、または深夜のホテルでのチェックインが手間取り疲労のピークということもありません。

バリ、リピーターなら問題のない時間や乗り継ぎの問題も未踏の地では不安がつのるものです。
安心材料を同一の価格帯で選ぶことができるのもまた阪急交通社の商品の使いやすさです。